太っちょうさぎの天然のほほん雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界遺産ナスカ展

<<   作成日時 : 2007/05/20 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

長野県信濃美術館で今日まで開催されていた
「世界遺産ナスカ展 地上絵の創造者たち」にいってきました。

日曜日で最終日とあって、館内は午前11時頃なのに既に満員状態。
全部を観終わるのに1時間半かかりました。

ペルーといえば、やはりナスカの地上絵が有名ですし、
私も一番イメージしているのはそれでした。(あっ、マチュピチュやクスコもあったっけ)

ですが展示品の綺麗に着色&描画された土器や壺、色彩豊かな織物etcを
観てみると、優れた文化を持っていた民族という事がよくわかりました。

特に圧巻なのは「ナスカ後期の子供のミイラ」の実物展示でした。

この子には眼球が残っていて(ペルー地方のミイラでは珍しいとの事)、
黒目がハッキリとわかる状態との事なので、私も確認しましたら
確かにそれはありました。

この子もまさか遙か未来の異郷の地で、
言い方は悪いですが”見世物”になるなんて思わなかったでしょうね。
研究の為とはいえ、静かに眠らせておいてやりたい気がしました。

地上絵の方はバーチャルシアターで十分楽しめました。
いつか本物の地上絵を、自分の眼で観に行きたいと思います。

・・・・・会場に「ペルー世界遺産紀行」というツアーのチラシがあったので、
    ついもらってきましたが、費用が40万円前後かかるので、
    しばらくは行けそうもないですねぇ、残念。

画像

これはグッズ売り場で買ったこのイベントの解説書です。
今回の展示品や ナスカ文化の解説が載っています。
掲載写真が多いので、眺めているだけでも楽しい一冊です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界遺産ナスカ展 太っちょうさぎの天然のほほん雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる